English site is from here Chinese site is from here. Chinese site is from here. Chinese site is from here. Français site is from here. Japan site is from here English site is from here Chinese site is from here. Chinese site is from here. Chinese site is from here. Français site is from here.

Top
いつまでも失われない絹織物の輝き。
飛鳥〜奈良時代の遺品
正倉院の名物裂地の流れを基に受け継がれてきた “せがわの裂地”
糸染め
西陣織の定義「先染めの紋織物」なので、生糸の配色ごとに染上げする作業です。当社の製品は、主に6色の柄と地色1色で構成しております。
整経
織物のコアとなるべき作業です。染上げた色糸を1本1本柄は縞模様に並べていく作業です。糸数本数が多い織物だけに熟練の技がきらめく作業です。並べた色糸を機に取り付けるロール状の筒に巻き付けて完了です。
出来上がったロール状の色糸を1本1本経糸(たていと)と繋げて製織する行程です。5000本以上の経糸を順番に繋げる作業は50年以上のキャリアの持ち主でも半日はかかります。
完成
織りあがりました製品を職人の目で最終確認です。糸の浮きや織傷がないか確認して、修正できるところは直して完成です。このような手間のかかる織物ですが、リーズナブルな製品にも使用しております。