『纏 まとい』は簡単に気楽にほっこり楽しんで頂ける浴衣です。

日本の夏の風物詩、浴衣を
”簡単”に”気楽”にいろいろな方に着てもらいたい
そんな思いから『纏 まとい』はうまれました。
まとって紐を結ぶだけ
帯をすればおでかけに…
帯がなければ部屋着として…
簡単に気楽にほっこり
楽しんでもらえます。

浴衣の着方

男女は一緒

折り目を肩に合わせ、縫い目を背中の中心に合わせます。

右側の衿先についた紐Aを手に持ち、左側の腰から背中と浴衣の間を身体に沿わせて回します。

2で回した紐Aを右脇の下の穴に通します。裾の端が床から7~10cm位ななめに持ち上がるように紐Aを引っ張ります。

右脇の下の穴に通した紐Aを持ったまま左側を重ねます。

紐Aを引っ張ったまま左側の衿先に付いている紐Bを背中の外側から回します。左右の紐がゆるまないように強く引っ張ります。

左右の紐をほどけないように前でしっかり結びます。

背中の縫い目が背骨に沿うように引っ張り整えます。

着付けは完成です!くるぶしが隠れる位の丈が目安です。

 

 
各国サイト一覧
For International market
English
中文(簡体字)
中文(繁体字)
Francais
日本語
掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2015 株式会社QP All Rights Reserved.




HOME

ログイン

買い物カゴ

Myページ

お問合せ

FAQ

使い方

支払い・送料

ポイント

会社概要